チョウジコメツツジ

チョウジコメツツジ(ツツジ科)[丁子米躑躅]

名は、花筒が細長いことから丁子にたとえたもの。「丁子(丁字とも?)」とはフトモモ科の常緑樹であるチョウジノキのことで、花の蕾を乾燥したものを丁香といって香料や薬にする。現在ではクローブといわれている。細長いものに対して「チョウジ」があてられているものが多く、チョウジソウセキヤノアキチョウジチョウジギクチョウジタデなど多数ある。
亜高山帯~高山帯下部の風の強い岩礫地に生える落葉小低木で、コメツツジの仲間。幹や枝は地をはうか斜上して高さ10-50cmになる。
葉は互生し長さ1cmほどの広披針形で全縁、先はとがる。両面に茶褐色の剛毛が生える。
枝先に、ほんのりと紅色を帯びた白花を1-3個つける。花冠は長さ6-7mmの筒形で4裂し、雄しべは花冠から突き出ない。
果実は蒴果。
花期:7-8月
分布:本(中部)・四(愛媛県)
撮影:2002.8.2 長野県大町市

オオコメツツジに戻る コメツツジに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。