ヨツバシオガマ

ヨツバシオガマ(ハマウツボ科)[四葉塩竈]

名はシオガマの仲間で葉がおおむね4個輪生することからついたもの。
近年の遺伝子解析の成果により、従来ヨツバシオガマとよばれていたものは、飯豊山地から北に生える北方系のものと、それより南(月山~南アルプス)に生える南方系のものの2つのグループに大別されることがわかったという。以前はヨツバシオガマの分布は北海道~本州中部としていたが、今後は、ヨツバシオガマといえば月山以南のものを指し、飯豊山以北の北方系のものと区別されることになる。

亜高山帯~高山帯の湿り気のある草地に生える半寄生の多年草で、茎は紫色で稜上に微毛が生え、高さ10-40cmになる。寄主はイネ科やカヤツリグサ科の植物。
葉は茎の節ごとに1-3段、3-4個ずつ輪生するが、栄養状態により幅がある。長さ2.5-6cm、幅1-3cmの3角状広披針形で羽状に全裂し、裂片は7-12対でさらに浅く裂ける。下部の葉の柄は長く、上部のものはほぼ無柄。
茎の上端の総状花序に、普通4個ずつ輪生状に2-7段、紅紫色の花をつける。花序は無毛。花冠は2唇形で、上唇は長さ7-9mmのかぶと形で中ほどで下向きに曲がって先は長さ4-5mmの嘴状にとがる。下唇は3深裂する。萼は球状壺形で5裂し無毛。
白花品はシロバナヨツバシオガマという。 花冠の上唇の上側にくびれがあって嘴が7-9mmと長いものはクチバシシオガマという。
マルハナバチは花に下からしがみつき、羽で花を振動して花冠の中に隠れた花粉を腹で受け取る特技を持っていて、これができるのはマルハナバチだけだという。つまり花粉媒介をマルハナバチだけに頼っているらしい。
北方系のものは南方系のものと区別され、大型で花が普通7-12段つくものをキタヨツバシオガマという。ハッコウダシオガマとよばれていたものもこれに含まれる。礼文島産で花が15-30段つくものをレブンシオガマという。
ヨツバシオガマは葉が輪生するのでタカネシオガマに近いが、花茎が長く丈も高いので間違うことはない。
ミヤマシオガマは葉が羽状に細かく切れ込み根元から束になって出る。個体数はヨツバシオガマが一番多く、もっとも普通に見かける。
花期:6-8月
分布:本(東北地方南部~中部地方)
撮影:1999.7.23 長野県小谷村

ミヤマシオガマに戻る キタヨツバシオガマに戻る タカネシオガマに戻る

クチバシシオガマに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。