タカネシオガマ

タカネシオガマ(ハマウツボ科)[高嶺塩竃]

高山帯の風衝草原や岩礫地、崩壊地に生え、高さ5-20cmどの半寄生の1年草。高山でのこの仲間の中では、丈が低く鮮やかな紅紫色の花が密生してつき、群生するのでよく目立つ。
茎は叢生し4稜があり、白い長軟毛が密生する。
根生葉はないかあっても少数。茎葉はごく短い柄があり、普通4個が数段輪生するが、3-6個のこともある。葉身は長さ2-5cmの狭長楕円形で羽状に深~全裂し先は鈍頭。裂片は5-7対あり、狭卵形で鋭い鋸歯がある。苞は葉状。
茎の先の長さ3-5cmの短い花序に、長さ1.5-2cmの鮮やかな紅紫色の花が3-4個ずつ横向きに数段密接してつく。花冠は2唇形で、上唇は長さ4mmの舟形で先は切形になり、嘴状にとがらない。下唇は上唇より長く、長さ7mmで3裂し、中裂片は側裂片より少し小さい。花柄は長さ1-3mmで軟毛が密生する。
果実は長さ1.5cmほどの披針形の蒴果で先がとがる。
花の白い品種があり、シロバナタカネシオガマという。
似たヨツバシオガマは花穂が長く、花冠上唇が嘴状に曲がる。
ミヤマシオガマは葉が2回羽状に細かく裂け、花冠は長さ2-3cmあり、上唇は下唇より長い。
花期:7-9月
分布:北・本(中部以北)
撮影:2008.8.3 長野県小谷村
タカネシオガマ-2
2002.8.2 長野県大町市

ミヤマシオガマに戻る ヨツバシオガマに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。