ミズナラ

ミズナラ(ブナ科)[水楢]

名は材に水分が多く燃えにくいことからついたもの。別名オオナラという。
山地帯~亜高山帯に生える雌雄同株の落葉高木で、高さ15-30mになる。ブナとよく混生するが純林をつくるときもある。
樹皮は淡灰褐色で初め鱗状にはがれるが、老木は縦に不規則な裂け目がある。
葉は枝先に集まって互生し、質は薄く、長さ5-20cm、幅5-9cmの倒卵状長楕円形で縁に大きな3角状の粗い鋸歯があり、基部はやや耳状に張り出して円く、先は急にとがる。表面は鮮緑色で初め軟毛がありのちに無毛となり、裏面は淡緑色で微毛と絹毛が生える。葉柄は長さ0.5mm以下でごく短く、目立たない。托葉は長さ1.2cmほどの線形で葉の展開後まもなく落ちる。秋に美しく黄葉する。
葉の展開と同時に開花し、雄花序は長さ5-8cmで本年枝の下部から穂状に数本下垂し軟毛を散生する。雄花の花被は膜質で直径2.5mmほどで5-6深裂し、雄しべは5-8個。雌花序は上部の葉腋から出て雌花が1-3個つく。花柱は3個。
果実は長さ1.5-2.5cmの卵状楕円形の堅果でその年の秋に熟す。殻斗は椀形で外面に総苞片が鱗状に並び微毛が生える。
薪炭材としてよく利用され、その他器具や家具材、洋酒樽として使われる。
北日本の雪崩斜面に生え、葉身長が6-9cmと小さく、幹が地をはうように曲がって高さ1-3m程度のものをミヤマナラという。殻斗も小さい。
コナラとよく似ているが、ミズナラは葉の柄がごく短く、ないように見え、鋸歯はより粗いので区別は容易。
花期:5-6月
分布:北・本・四・九
撮影:2005.6.4 青森市
ミズナラの果実
ミズナラの果実(堅果)。 2005.10.2 秋田県能代市

ミズナラの樹皮
ミズナラの樹皮。淡灰褐色褐色で老木は縦に不規則な裂け目がある。
2008.5.17 青森市

コナラに戻る カシワに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。