カイタカラコウ

カイタカラコウ(キク科)[甲斐宝香]

名は、甲斐の国に生えるタカラコウの仲間の意。
山地帯上部~高山帯の湿った針葉樹林下の渓流沿いや湧水地付近に生え、高さ40-70cmになる多年草でしばしば群生する。上の株も登山道沿いの水場で撮影したもの。
茎は無毛で細く、根生葉は長さ18-25cmの柄があり、長さ10-17cm、幅9-13cmのほこ状心形で先が短く尾状にとがる。縁に不揃いの鋸歯がある。茎葉は2-3個つき、葉柄は、基部が広くなって葉鞘となり茎を抱く。
茎の先に散房状に直径2-3cmの黄色い頭花を4-11個つける。舌状花は雌性で1列あり普通5個つき、筒状花は両性で14-16個、総苞は筒形で直径約5mm、長さ1cm。総苞の基部や頭花柄の基部に広い苞葉がある。
果実は黄白色で円柱形の痩果で、長さ6-7mmの冠毛がある。
オタカラコウは、葉が心円形で大きく、花序は総状で舌状花は5-9個あり、メタカラコウは1-3個。
花期:7-8月
分布:本(東北西部・関東・中部)
撮影:2000.7.16 山梨県韮崎市

オタカラコウに戻る トウゲブキに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。