オタカラコウ

オタカラコウ(キク科)[雄宝香]

名は、同属のメタカラコウに比べて、大柄であることからついたもの。タカラコウ<宝香>とは、防虫剤や香料にされる竜脳香のことで、根の香りが似ているのだという。また、ツワブキに葉が似ていて、ツワブキの異名「タカラコ」に由来するという異説もある。
低山帯~亜高山帯の沢沿いの水辺に生える大型の多年草で、高さ1-2mになる。
根生葉は花期にも残り、長い葉柄があって大きく、長さ30cm、幅40cmの腎心形で葉脈はへこむ。先端と基部はとがらず、縁に細かく揃った鋸歯がある。葉柄の基部は茎に流れ短い鞘となる。茎葉は小型で3個ある。
茎の先の長さ50-80cmの総状花序に黄色の頭花を多数つけ、下から上に咲き上がる。頭花は直径4-5cmで、周りの5-9個の雌性の舌状花と中心の20個ほどの両性の筒状花からなる。筒状花の花冠は5裂する。総苞は直径1-1.2cmの筒状鐘形で総苞片は1列、8-9個ある。
果実は痩果で、褐色の冠毛がある。
メタカラコウとの違いは、舌状花の数がメタカラコウが1-3個であるが、オタカラコウは5-9個あり華やかな感じがすること、葉の基部の両端がとがらないこで見分けられる。
八ヶ岳や南アルプスには舌状花が普通5個で、葉は矛形で先がとがるカイタカラコウが見られる。
花期:7-10月
分布:本(福島県以南)・四・九
撮影:2006.7.30 福島県檜枝岐村

メタカラコウに戻る カイタカラコウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。