シコタンハコベ

シコタンハコベ(ナデシコ科)[色丹繁縷]

名は色丹島で最初に採集されたのでこの名がある。別名ネムロハコベ。絶滅危惧Ⅱ類(VU)。
亜高山~高山帯の岩礫地に生える全体無毛の多年草で、株元で分枝して株立状になることが多く、高さ3-15cmになる。北海道の東部では海岸の崖地に生える。
葉は対生し基部は茎を抱き、水平に開出する。帯白緑色で無毛、やや質が厚くて硬く、長さ1-3cm、幅0.3-1cmの卵形~卵状披針形で全縁、先は鋭くとがる。
茎頂や葉腋から長さ4-6cmの花柄を出し、直径1.5cmほどの白色で赤い葯が目立つ5弁花を1個つけるが、先が2深裂するので10弁に見える。花弁の長さは0.7-1cmで萼片よりも1.5-2倍ある。萼片は5個あり長さ5-8mmの披針形でとがる。雄しべは10個あり葯は紅色、花柱は3個。
果実は卵形の蒴果。
花だけを見るとイワツメクサに似るが、葉に注目すれば、葉が線形で灰白色を帯びないイワツメクサと区別できる。
花期:7-8月
分布:北・本(栃木県・中部地方)
撮影:2008.8.3 長野県白馬村


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。