イワツメクサ

イワツメクサ(ナデシコ科)[岩爪草]

名は岩場に生えるツメクサの意。
高山帯の岩場や砂礫地に生える多年草で、よく分枝してマット状に広がり、高さは5-20cmになる。茎は無毛。
葉は対生し、長さ1.5-3.5cm、幅1-2mmの線形で、1脈があり先は鋭くとがる。基部にわずかに毛がある。
茎の先に集散花序を出し、直径1.5cmほどの白い5弁花を1-8個まばらにつける。花弁は長さ7-8mmで萼片より長く、根元まで深く2裂しているのでどう見ても10弁に見える。萼片は披針形で隆起した3脈がある。
果実は卵形の蒴果で萼片とほぼ同長。熟すと先が6裂する。種子には扁平な倒卵形で乳頭状突起がある。
高山のツメクサの仲間では、タカネツメクサとともによく見られ、他のツメクサ類に比べてひ弱な感じがする。
北海道の夕張・日高山系に生えるものをオオイワツメクサといい、全体に大きく、葉の幅が2-3mmとやや広い。大雪山には、葉は厚く、種子の乳頭状突起がなく縁に狭い翼があるエゾイワツメクサが生える。
高山にあるツメクサやハコベ、ミミナグサの類は皆よく似た印象があり、おおよそ違いを覚えたつもりでいても、いざ山に入ると混乱してよくわからなくなることが多い。
花期:7-9月
分布:本(中部)
撮影:2008.8.3 長野県小谷村
イワツメクサ-2
2001.7.20 長野県茅野市

シコタンハコベに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。