クモマスミレ

クモマスミレ(スミレ科)[雲間菫]

広義のタカネスミレは4つの亜種があり、クモマスミレ、タカネスミレ(狭義)、エゾタカネスミレ、ヤツガタケキスミレに分類されている。広義のタカネスミレは準絶滅危惧(NT)。種小名のcrassaは「厚い」という意味で、葉が厚いことを表している。
本州中部の高山帯の砂礫地や岩礫地に生える高さ5-10cmの多年草。 タカネスミレ(狭義)の別亜種で、高山帯(北アルプスと中央アルプス)の岩礫地に生え、高さは5-10cmになる。タカネスミレほど一面に群生することはない。
日本産スミレの中でもっとも標高の高いところに生えるスミレで、全体が無毛の有茎種(地上茎のあるスミレ)。
葉は、厚くて光沢のある根生葉が数個あり、長さ幅とも2-4cm、暗緑色の腎円形で表側にやや巻き込み、縁に波状の鋸歯がある。葉脈に沿うくぼみが目立つ。両面とも無毛。茎葉は上部ほど小さい。
花は直径1.5-2.5cmで鮮黄色、花弁の裏側は紅紫色を帯びる。上弁と側弁は長さ0.9-1.2cmで上に反り返り、側弁は無毛、唇弁は他の弁より長く暗紫色の筋がある。距はごく短い。柱頭直下に突起毛はない。萼片は長さ4-5mmの披針形で、付属体はない。
果実は卵球形の蒴果で無毛。
生育地である程度見当がつくが、キバナノコマノツメがときに岩礫地に生えていることがある。キバナノコマノツメは、葉が薄くて光沢がなく、花もやや色が薄く細作りなので区別できる。
以下3亜種は本種と完全に隔離して分布するので迷うことはないが、その違いは次のとおり。
タカネスミレ(狭義)は、東北地方の高山に生え、花柱の柱頭直下に突起毛があるのが大きな特徴で、葉は光沢があり、基部と葉柄上部に毛がある。
北海道にあるエゾタカネスミレは花柱に突起毛はなく、葉も無毛で光沢もない。
ヤツガタケキスミレは、花柱に突起毛はなく、葉の両面の脈上にまばらに微毛があり、光沢はない。花柱は無毛。
花期:7-8月
分布:本(北アルプス・中央アルプス)
撮影:2002.8.2 長野県大町市
クモマスミレ-2
花弁の裏側は紅紫色を帯びる。

タカネスミレに戻る キバナノコマノツメに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。