コイチヨウラン

コイチヨウラン(ラン科)[小一葉蘭]

名は、葉が1個だけで、全体に小さいことからついたもの、あるいはイチヨウランに似て、小さいことからついたと考えることもでき、定説はない。
亜高山帯の針葉樹林下に生え、高さ10-20cmになる多年草。花も葉も小さく、花茎も針金のように細いので目立たない。根茎は細長く横にはう。
葉は根元に1個あり、2-5cmの柄があってやや質が厚く、長さ1.5-3cm、幅1-2.5cmの広卵形、鈍頭で基部は心形。表面に網状の脈がある。
細い花茎の先に、直径0.7-1cmの淡黄緑色~単黄白色の花を2-7個まばらに下向きにつける。苞は膜質で長さ1mm。3個の萼片は長さ5-6mmの狭長楕円形で鈍頭、側花弁は萼片と同形でやや小さい。唇弁は下垂し、萼片とほぼ同長の長楕円形で全縁、紅紫色の斑紋がある。距はない。蕊柱は直立し、長さ3-4mmの棒状円柱形。
普通は葉は緑色だが、ときに濃紫色のものがあり、ムラサキコイチヨウランとよぶことがある。
同属のハコネランは、6-7月に咲き、葉は長楕円形で、花の色は緑色が強い。唇弁には歯牙があり、蕊柱の上方の両側に翼状の突起がある。
名前が似ているイチヨウランは別属で、花を1個しかつけない。
花期:7-8月
分布:北・本(近畿以北)・四
撮影:2006.8.5 青森市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。