イワヒゲ

イワヒゲ(ツツジ科)[岩髭]

名は、ひも状の枝を岩場に生えたひげにたとえたもの。
高山帯の風当たりの強い岩の割れ目などにへばりついて生える常緑小低木で、岩上では高さ5cmほどになるが、一見とても木には見えない。
本州ではよく岩から下垂しているのを見るが、北海道ではしばしば岩上でマット状に広がる。ヒノキのような細かい鱗片葉が密生した針金のような枝は、よく分枝して岩上をはう。
葉は長さ1.5-2mmの卵形で縁は膜質、下垂する太さ1-2mmの細い枝に密に十字対生して枝を覆い尽くし、枝は見えない。
上部の葉腋から長さ1.5-5cmの花柄を1-2個出し、白色、ときに帯紅色で長さ7-8mmのやや口のすぼまった鐘形の花を下向きに1個だけつける。花冠の先は5浅裂して反り返る。雄しべは10個あり、葯に2個の角状の突起がある。萼片は卵形で裂片の先は赤い。
花が終わると花茎が垂直に立ち上がり、直径3mmほどで球形の蒴果を上向きにつけ、熟すと裂開し、多数の微細な種子を風に散らせる。
葉がまばらにつくものをイワナガヒゲというが、日陰に生える種内の一型とされている。花冠が短くて球形になるものをタマザキイワヒゲといい、イワヒゲの品種とされる。
似たような場所に生えるジムカデは、長さ2-3mmの米粒のような葉が枝を螺旋状に覆い、枝は岩上で立ち上がり先端に花をつける。
花期:6-8月
分布:北・本(中部以北)
撮影:2003.6.22 青森県岩木町

イワウメに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。