ヒオウギアヤメ

ヒオウギアヤメ(アヤメ科)[檜扇菖蒲]

名は、根元の葉が檜扇(ヒノキの薄板で作った儀式用の扇)を思わせ(または別属のヒオウギの葉に似て)、花がアヤメに似ていることからついたもの。
海岸近くの低湿地、亜高山帯~高山帯の湿原に生え、高さ30-90cmになる多年草。
根茎は肥大し斜上して褐色の繊維に覆われる。
葉は剣状で扇を開いた形に並び、長さ20-60cm、幅は1.5-3cmと広く、主脈は目立たず先は鋭くとがる。根元は紅紫色を帯びる。葉は冬も枯れずに残る。
花茎はアヤメと異なり枝分かれする。花柄は長さ1.5-3cmで基部に長さ3-4cmの苞がつく。先に直径8cmほどの青紫色の花を1-2個つける。花は1日花。3個の外花被片と3個の内花被片は異形。外花被片は広倒卵形で先は大きく垂れ、基部はアヤメと同様に黄色地に青紫色の網目模様がある。内花被片はアヤメが大きく立ち上がるのに対し、こちらは倒卵形で先が芒状にとがり、長さ1cmほどと小さく目立たず立ち上がる。そのかわり花柱が3裂して平たい花弁状で平開して先は2裂する。爪部は黄色で青紫色の支脈がある。雄しべは3個。
果実は長さ3-4cmの楕円形の蒴果。種子は褐色で稜がある。
白花品はシロバナヒオウギアヤメとよばれ、霧ヶ峰や美ヶ原には花の直径が11-14cmになり、内花被片がペン先形で長さ2.5cmほどになるキリガミネヒオウギアヤメが生える。
栃木県那須産のナスノヒオウギアヤメは、葉の幅が3.5cm、花茎が1mを超え、内花被片は2cmほどになる。
アヤメは上に記したように、花茎は分岐せず、葉の幅は狭く、内花被片は長さ約4cmと小さい。
花期:7-8月
分布:北・本(中部以北)
撮影:2008.7.13 福島県北塩原村
ヒオウギアヤメ-2
アヤメと違い、花茎は分岐する。 2006.7.16 福島県昭和村

アヤメに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。