ユキツバキ

ユキツバキ(ツバキ科)[雪椿]

ヤブツバキが多雪に適応して変化したものとされている。枝が地面をはうように伸びるので別名ハイツバキという。オクツバキの別名もある。
多雪地の標高300-1,000mの山地のブナ林内などに生え、細くしなやかな枝が根元からよく分枝して、高さ1-2mになる常緑低木で、普通、高さはその地の積雪高より低い。樹形は半球状になる。
樹皮は灰白色で細かいしわが多く、本年枝は淡褐色。しばしば地についた枝から発根する。
葉は互生し、強い光沢があってヤブツバキより薄く、透かしてみるとはっきりと網状脈が見える。長さ5-10cm、幅3-5cmの長楕円形~倒卵状長楕円形で先は細くなりとがる。表面は明るい深緑色、裏面は淡緑色で両面とも無毛、鋸歯はヤブツバキより鋭くとがる。葉柄は白毛があり長さ0.3-1.2cmとヤブツバキより短い。
枝先の葉腋に赤い花をつけ、花弁は長さ2.5-4cmで5個あり、ヤブツバキより細く平開する。質はやや薄く先は浅く2裂。雄しべは花糸が鮮黄色で短く、基部のみわずかに合着して先は開出する。葯は濃紅色。花柱は2-5裂する。
果実はごくまれに結実し、ヤブツバキより小型で直径2.5cmの球形の蒴果。果皮は厚く、熟すと裂開して裂開して1-2個の種子を出す。種子は淡褐色でヤブツバキより大きい。
ヤブツバキと分布域が接近する地域では、ヤブツバキとの雑種と考えられるユキバタツバキが見られ、両者の中間的な性質を示す。
花期:4-6月
分布:本(岩手、秋田県以南~北陸地方)
撮影:2009.5.10 秋田県横手市
ユキツバキの花
花糸は黄色で広がり、花弁は細めでやや平らに開くのが特徴。
ヤブツバキの花糸は白色で中ほどまで筒状に合着する。

ヤブツバキに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。