ヨツバヒヨドリ

ヨツバヒヨドリ(キク科)[四葉鵯]

葉が4個輪生するのでこの名があるが、実際は3-7個と幅がある。
ヒヨドリバナの仲間では一番標高の高いところに生えるものだろう。見分けにくいものが多いこの仲間の中で、ヨツバヒヨドリは生育地や葉の特徴から比較的区別しやすい。
日当たりのよい湿原や山地の草原、林縁に生え、茎は叢生し、分枝せず高さ1-1.5mになる多年草。
葉は普通3-4個が輪生し、葉柄はごく短いかまたはない。葉身は長さ10-15cm、幅3-4cmの長楕円形~長楕円状披針形で基部は円形、先はとがり、縁に鋭い重鋸歯があり、ときに3-4裂する。裏面に腺点がある。
花は茎頂の散房花序に密につき、花の色も淡紅紫色~白色でよく目立つ。頭花は普通5個(4-6個)の両性の筒状花からなり、花冠の先は浅く5裂する。花柱は花冠から突き出て先は2分岐する。総苞は長さ5-6mmの円柱形で、総苞片は乾膜質で外片ほど短い。開花は他のフジバカマ属の花よりひと月ほど早い。
果実は長さ約3mmで5稜がある痩果で腺点がある。冠毛は白色。
本州中部以西と四国に分布し、葉が披針形で幅1-2cmのものをハコネヒヨドリというが、YListでは区別していない。
花期:8-9月
分布:北・本(近畿以北)・四
撮影:2001.8.18 青森市
ヨツバヒヨドリ-2
2006.8.19 岩手県久慈市

ヒヨドリバナに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。