ヤマガラシ

ヤマガラシ(アブラナ科)[山芥子]

名は山に生えるカラシの意。別名ミヤマガラシという。
山地帯~高山帯の谷沿いの礫地や湿った草原に生える全草無毛の多年草で、茎は直立し上部は分枝して高さ15-60cmになる。高山のものは背が低い。
根生葉は柄があり、大根の葉に似ており、長さ6-12cmで羽状に中~全裂して、頂裂片は大きく、楕円形~広卵形。側裂片は小さい。茎葉は基部が翼状に伸び、茎を抱く。
枝先に総状花序を出し、直径1-1.5cmの多数の4弁花を多数咲かせる。花弁は黄色で長さ5-7mmの倒卵形。萼片は長さ3-3.5mmの長楕円形~楕円形。花柱は長さ約1.5mmで子房より短い。
果実は4稜があり、長さ3-5cmの線形の長角果で軸に沿って直立する。種子は1列に並び、長さ1.5-2mmの楕円形で狭い翼がある。
高山に咲くアブラナ科の植物で黄色の花をつけるのは、このほかにナンブイヌナズナのみ。加賀白山の室堂センターの宿泊棟の周りにはこの花が雑草のようにたくさん生えていた。他の山小屋でもよくある風景らしく、なぜ山小屋の周りを好むのかよくわからない。。
平地に生えるヨーロッパ原産の帰化植物であるハルザキヤマガラシは、萼片の先にこぶ状の突起があり、花柱は子房と同長。
花期:5-8月
分布:北・本
撮影:2003.6.22 青森県岩木町

ナンブイヌナズナに戻る ハルザキヤマガラシに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。