ヤマブドウ

ヤマブドウ(ブドウ科)[山葡萄]

山地の林縁や沢沿いに普通に生えるつる性で雌雄異株の落葉木本で、葉と対生して巻きひげを出し、他の木に絡みついて伸び、長さ20mにもなる。
樹皮は濃褐色で節くれ立ち、長く縦に裂ける。若枝には褐色の毛がある。
葉は互生し、長さ10-30cm、幅10-25cmの5角状の円形で3または5浅裂し、裂片の先は短くとがり、基部は浅い心形。縁は不揃いで浅く鋭い鋸歯があり、表面は初めクモ毛があるがのちに無毛となり、葉脈がしわ状にくぼむ。裏面は全面に赤褐色のクモ毛が密生する。秋に美しく紅葉する。葉柄は長さ5-20cm。
葉と対生して長さ20cmほどの円錐花序を出し、黄緑色の小さな花を多数つける。花序もしばしば巻きひげがつく。花弁は5個で頂端が合着していて、開花と同時に基部が離れて脱落する。雄花の雄しべは5個で長く、葯は黄色、雌しべは退化している。両性花の雄しべは短い。
果実は房状に下垂し、直径8mmほどの紫黒色で球形の液果で、表面に帯紫色の白粉がつく。種子は2-3個あり、長さ約5mmの広倒卵形で光沢がある。ヤマブドウは果実酒、ジュース、ジャムなどに利用され、秋にはきのこなどとともに産直の棚に箱入りで並ぶ。ヤマブドウはクマやサルの好物なので、果期には注意が必要。
九州南部に稀産するクマガワブドウは、枝に刺状突起がある。葉裏が緑色で毛が少ないものをタケシマヤマブドウという。
花期:6-7月
分布:北・本・四
撮影:2004.9.26 青森県八戸市
ヤマブドウ-2

エビヅルに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。