ワタスゲ

ワタスゲ(カヤツリグサ科)[綿菅]

名は、果実の小穂をたとえたもの。別名スズメノケヤリという。
初夏、亜高山帯~高山帯の高層湿原の一面に群落をつくって生える多年草で茎は硬くて細く、直立して高さ20-60cmになる。密な大株となり、匐枝はない。
葉は根生および茎生し、根生葉は細くて硬く、幅1-2mm、扁3稜形で縁が少しざらつく。長さは花茎よりやや短い。茎葉は1-3個で、葉身はなく、上部が膨れた葉鞘のみに退化して、上半は黒色を帯びて膜質。
小穂は1個が頂生し、花時には狭卵形で長さ1-2cm。小穂の鱗片は多数ついて長さ5-7mmの広披針形で鋭頭、灰黒色で1脈がある。上部に淡黄色の雄しべの葯が密生する。柱頭は3個。花被片は糸状で多数、花後に2-2.5cmに伸び、白色の綿毛状になり、球形の果穂になる。
果実は6-8月に熟し、長さ2-2.5mmの倒卵形で3稜形の痩果。
大雪山に生えるエゾワタスゲは高さ10-30cmで、匐枝を出し株をつくらない。葉の断面は円い。
サギスゲは小穂は数個つき、茎葉に葉身がある。
花期:5-6月
分布:北・本(中部以北)
撮影:2006.7.8 秋田県鹿角市
ワタスゲ-2
花後少し経って花被片(綿毛)が伸び始めている。 2005.6.4 青森市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。