ウサギギク

ウサギギク(キク科)[兎菊]

高山植物には珍しく花が大きいうえに、鮮やかな黄色なのでよく目立つ。
名の由来は、茎の根元につく2個の葉がうさぎの耳に似ているからとか、うさぎが好んでこの葉を食べるからだとか、うさぎが群れているようなところに生えているからだとか諸説あるが、「うさぎの耳」説が一番納得がいく。印象が強く覚えやすいためか、高山植物にあまり興味を示さない登山者でもこの花の名前ぐらいは知っているようだ。別名キングルマ〈金車〉ともよばれる。
高山帯の日当たりのよい湿った草地や礫地に生える多年草で、高さ10-30cmになる。全体に短い縮毛がある。根茎は太く、長く横にはう。
茎葉は2-3対が対生し卵状披針形でやや厚く、5脈があり、縁にまばらに小さな鋸歯がある。
花茎の先に直径3.5-6cmのひまわりを小さくしたような明るい黄色の花を1個だけつける。総苞は半球形で総苞片は2列。頭花は1列の舌状花と中心部の筒状花からなり、筒部に短い軟毛が散生する。筒状花は両性花で舌状花は雌性花。舌状花の先は3-5浅裂する。
果実は長さ4-5mmの痩果で細毛がある。
舌状花が2-3列ある品種をハンヤエウサギギクという。筒状花の筒部に毛がなく、ウサギギクより全体にやや毛が多いものをエゾウサギギクというが、外観での判別は困難。北海道の一部に分布し、オオウサギギクとよばれているものは、茎が花序以外は無毛で茎葉が10対以上対生し、上部で分枝して3-5個の頭花をつける。
また、ウサギギクとチョウジギクの雑種も見出されており、茎に白毛が密生して頭花を数個つけるところはチョウジギクから、頭花に小型で少ないながら舌状花をつけるところはウサギギクから形質を受け継いでおり、発見場所からガッサンウサギギクとよばれている。
花期:7-9月
分布:北・本(中部以北)
撮影:2008.8.3 長野県白馬村
ウサギギク-2
ウサギの耳のような葉をつける。 2015.7.10 岩手県八幡平市

チョウギジクに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。