ウゴツクバネウツギ

ウゴツクバネウツギ(スイカズラ科)[羽後衝羽根空木]

名は、ツクバネウツギに似ていて、羽後地方に生えるものいう意味で、ツクバネウツギはウゴツクバネウツギの母種にあたる。青森県には母種のほうは見られずウゴツクバネウツギのみが生育する。
ツクバネウツギは、岩手県以南の日当たりのよい山地に生える落葉低木で、高さは1-2mになる落葉低木。花色は白~淡黄色で変異が大きいが、新枝の先に2個ずつつき、長さ2-3cmで、下唇の内側に橙色の模様がある。萼片が5個で同じ大きさなのが特徴。
ウゴツクバネウツギは、ツクバネウツギの変種で、主に北日本の日本海側(青森県は太平洋側にも生育)に生え、葉は広卵形~卵形~披針形と変異が大きいが、ツクバネウツギより厚くて光沢があり、花冠はより大きく、若い枝や葉柄、葉の裏面主脈などに開出毛があることが区別点とされる。花筒内の付け根の蜜腺の形も異なるという。萼片の数も変異があるようで、普通は5個だが下の画像の花は6個ある。
変種名にvar.stenophyllaとあり、これは「狭い葉」を意味するが、実際はどちらかと言えば逆で、ウゴツクバネウツギのほうがやや広い傾向があるが葉の広さはさまざまで区別の基準にはならない。
花期:5-6月
分布:本(東北~北陸)
撮影:2006.6.3 秋田県仙北市
ウゴツクバネウツギ-2
2006.6.3 秋田市

ツクバネウツギに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。