ツルキツネノボタン

ツルキツネノボタン(キンポウゲ科)[蔓狐の牡丹]

キツネノボタンに似て、花後に茎が倒れ、はって伸びることからこの名がある。
深山の渓流沿いに生える多年草で、茎は花時に直立して高さ10-25cmになる。葉柄とともに上向きの粗い毛が生え上部は枝を分ける。花が終わると茎が倒れて地をはい、1m近くまで伸びる。走出枝は出さない。
葉は1回3出複葉で無毛または両面に伏毛がある。根生葉は長い柄があり幅2-6cm、小葉は扇形でさらに2-3裂し短柄がある。茎葉の柄は短く、小葉はほぼ無柄。
上部の葉腋から長さ1.5-2cmの花柄を出して茎より高い黄色の花を1個だけつける。萼片は長さ4mmで外面に粗い毛を散生し、花時には反曲する。花弁は狭倒卵形で長さ6-8mm。雄しべ、雌しべは多数。花後、茎が倒れると果柄が伸び、長さ10cmほどになる。
果実は痩果の集合果で、直径6mmの球形。痩果は扁平で長さ3mm。花柱は細く、長さ1mmで先はわずかに曲がる。
花期:6-8月
分布:本(岩手以北の太平洋側・長野以北の日本海側に希少分布)
撮影:2001.5.26 青森市

1998..5.9 青森県十和田湖町


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。