トガクシソウ

トガクシソウ(メギ科)[戸隠草]

明治17年ごろに戸隠山で発見されたのでこの名がある。別名トガクシショウマという。準絶滅危惧(NT)。希少な植物であり、これを見た山でもこの場所以外では見かけなかった。北限は青森県。地下茎は節が多く横にはい、多くのひげ根が生える。
低山帯~亜高山帯の林内の急な斜面に生える日本特産で1属1種の多年草。茎や葉は無毛で高さは30-50cmになる。
根生葉はなく、茎の先に長い柄のある1対の3出複葉が対生する。小葉は長さ幅とも8-12cmの円形で、欠刻状に浅~中裂する。先はとがり基部は心形。
対生する葉の間から花序を出して直径2.5cmほどの淡紫色の花を葉の展開とともに1-5個下向きに開花させる。花柄は4-8cmで、普通、葉より低い位置で咲く。萼片は9個で、うち3個の外萼片は花時に落ち、6個の内萼片が花弁状に残る。本当の花弁は中心部の6個の白い部分で先は2裂し基部に2個の蜜腺がある。花後に花柄は伸びて10cm以上になる。
果実は長さ1.8cmの楕円形で白色の液果で7月に熟す。
花期:5-6月
分布:本(中部以北)
撮影:1999.5.23 岩手県


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。