チシマギキョウ

チシマギキョウ(キキョウ科)[千島桔梗]

名は、最初の採集地が千島だったことによる。
高山帯の岩礫地や岩場の割れ目にしがみついて咲く高さ5-15cmの多年草。根茎はやや肥厚して横にはい、よく分枝して株をつくる。
葉は互生、根生葉は束生し、濃緑色で光沢があり、長さ2-8cm、幅0.5-1.5cmの倒披針形~狭長楕円形で、先は鈍く基部はしだいに細くなって葉柄となり、縁は波状の小さな鈍鋸歯がある。葉柄に毛がある。茎葉は2-3個つくが小さく、根生葉の半分以下。
茎の先に濃青紫色で長さ3-4cmの筒状鐘形の花を横向きかやや下向きに1個つける。花冠の先は5中裂して反曲し、内部から縁にかけて白色の長毛が生える。柱頭は3裂し、雄しべより長い。萼裂片は長さ0.8-1.5cmの3角状披針形で全縁、筒部とともに長い軟毛があり基部に張り出した付属体がある。
雄しべは5個あり花冠と離生し基部は幅が広くなり毛がある。柱頭は3裂し裂片は細い。
果実は蒴果で上向きにつき、側方で裂開する。
白花品種はシロバナチシマギキョウといい、よく見られる。
イワギキョウは多少乾いた場所に生え、花は少し青色が強く、無毛。萼片は線形で縁に刺状の鋸歯がある。
花期:7-8月
分布:本(中部以北)
撮影:2008.8.3 長野県白馬村
チシマギキョウ-2

イワギキョウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。