チシマアマナ

チシマアマナ(ユリ科)[千島甘菜]

名は、アマナに似て千島で初めて確認されたことからついたもの。別名チシマソウという。ただしアマナとは別属のチシマアマナ属。
高山帯の岩礫地や乾いた草地に生えるニラに似た多年草で高さ7-15cmになる。地下に長さ4-7cmの円柱形の鱗茎があり、古い灰黒色の葉鞘に包まれる。
根生葉は深緑色、3稜があり長さ5-20cm、幅0.5-2mmの線形で先は鈍く、1個の鱗茎から2個伸びる。茎葉は2-4個で長さ1-3cmで上に行くほど短くなる。
花茎の先に直径1.5cmの花を普通1個斜め上向きにつける。花は白色で花被片は長さ1-1.5cmの長楕円形~倒卵状楕円形で6個、背部に3本の淡紅紫色の筋が入り、つけ根に黄褐色の腺体がある。花被片は花期が終わっても落ちない。雄しべは6個で花被片の底部につき、長さは花被片の半長。雌しべは1個、子房は花柱より長い。
果実は長さ5-8mmの倒卵状球形の蒴果。
日本では同じチシマアマナ属にはホソバノアマナがあり、花被片に腺体がない。
花期:6-8月
分布:北・本(中部以北)
撮影:2001.6.16 岩手県大迫町

ホソバノアマナに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。