テンニンソウ

テンニンソウ(シソ科)[天人草]

山地の林下や林縁に群落をつくる多年草で、茎は4稜があり、地下茎は木質で、下部の茎は草質だが硬く、上部で枝分かれして高さ0.5-1mになる。
葉は対生し柄があり、長さ10-25cm、幅3-9cmの長楕円形~広披針形で若葉のときに星状毛があるがのちに無毛となる。縁に鋭鋸歯があり、先は鋭くとがり基部はくさび形で葉柄に続く。
茎頂に長さ5-10cmの直立した総状花序を出し、淡黄色の唇形花を密につける。花序の苞は鱗状で先が少し尾状にとがり、開花にのときに落ちる。花冠は2唇形で長さ8mmほど。上唇は浅く2裂、下唇は3裂し中裂片が少し大きい。下から開花し、4個の雄しべと柱頭が2分岐した雌しべが突き出てブラシのようになる。雄しべは長さ1.5cmほど。萼は筒形で花冠よりし短く、5浅裂する。
果実はくさび形の分果。
この花の名前を聞いた人は、さぞかしきれいな花が咲くのだろうと考えるだろうが、実物を見るとがっかりするに違いない。花は格別美しくもなく、葉も虫に食われてぼろぼろで、見るも無惨な姿をしていることが多い。
ところが、これがぴったりの名前なのだという。どういうことかというと、一説には、虫に食われて穴だらけになった葉を天人の羽衣にたとえたものとされ、「羽衣」は「破衣」から出た名前で、後の時代に羽衣と美称されるようになったという。これが本当だとすると、昔の人は随分ひねった名前をつけたものだと思うが、その想像力には感服せざるを得ない。ただし異説もある。
葉裏の中脈上に顕著な開出毛があるものをフジテンニンソウという。
花期:9-10月
分布:北・本・四・九
撮影:2003.9.20 秋田県角館町


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。