タチカメバソウ

タチカメバソウ(ムラサキ科)[立亀葉草]

名は、茎が直立して葉の形が亀の甲羅を思わせることからついたもの。
山地の渓流沿いや木陰など湿ったところに生える多年草で、茎は軟らかく上向きの伏毛がまばらにあって直立し、高さ20-40cmになる。走出枝は出さない。
葉は互生し、長さ3-7cm、幅1.5-3cmの長卵形~広卵形で全縁、先はとがる。下部の葉は長い柄があり、上部に行くにしたがって柄が短くなり、最上部はほぼ無柄となる。基部は広いくさび形。
茎の先の総状花序に白色~淡青紫色の花を多数つける。花序は無苞で蕾のときは巻いていて咲き進むと伸びる。花柄は長さ1-1.5cm、花冠は直径0.7-1cmで喉部に黄色い付属体があり、先は5裂して平開する。筒部は長さ2mm。雄しべは5個が筒部の上半部につく。
果実は4分果で有毛。
花の感じは同じムラサキ科のキュウリグサシンワスレナグサとよく似ている。
花期:5-6月
分布:北(西南部)・本
撮影:2000.5.12 岩手県岩泉町
タチカメバソウ-2
2004.5.7 群馬県黒保根村

ミズタビラコに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。