タムシバ

タムシバ(モクレン科)[噛柴・田虫葉]

名は、葉を噛むと甘いことからカムシバといったことからの転訛といわれており、また、葉にタムシ状の斑点ができるからという説もある。カムシバ・ニオイコブシ・サトウシバということもある。
多雪地の山地や深山に生える落葉小高木で、まばらに分枝して高さ3-10mになる。
樹皮は灰色~灰褐色で平滑。皮目が縦に並ぶ。若枝は緑褐色。
葉は互生し質が薄く、長さ6-12cm、幅2-5cmの広披針形または卵状長楕円形で全縁、基部はくさび形で先はしだいに細くなりとがる。裏面は微細な毛がありやや白色を帯びる。葉柄は長さ1-1.5cm。枝葉を噛むと香味がある。
葉が展開する前に、枝先に直径6-10cmの芳香のある大きな白い花を1個つける。花は6個の長さ4.5-6.5cmの花弁と3個の小さな花弁状の萼片からなる。花床に多数の雄しべと雌しべがらせん状につく。花の下に葉はつかない。
果実は袋果が多数集まった長さ7-8cmの長楕円形の集合果で、成熟すると袋果が裂けて赤い種子が糸状の珠柄の先にぶらさがる。
コブシとは花の下に葉がつかないことが大きな相違点。花の数も少ない。
花期:4-6月
分布:本・四・九
撮影:2003.5.25 青森市
タムシバ-2
葉の展開する前に咲く。 2015.5.9 秋田県仙北市

コブシに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。