タカネサギソウ

タカネサギソウ(ラン科)[高嶺鷺草]

亜高山帯~高山帯の湿った草地に生える多年草で、高さ10-15cmと小さい。根は一部が肥厚して紡錘状になる。
葉は1-4個で斜め上向きにつく。一番下の葉は長さ3-4.5cm、幅2-3cmの広楕円形で一番大きく、鈍頭、基部は茎を抱く。鱗片葉は上部のものほど小さくなる。
花は黄緑色で5-10個つく。苞は披針形で花より長くよく目立つ。背萼片は長さ3.5-5.5mmの卵形、側萼片は披針形で背萼片と同長。側花弁は長卵形で背萼片より少し長い。唇弁は長さ8mm、幅4mmの舌状。距は下向きに湾曲し、長さ1-1.5cm。
サギソウの名がついているが、本種は分類の難しいツレサギソウ属でサギソウとは別属。
花期:7-8月
分布:北・本(中部以北)
撮影:2001.7.21 長野県茅野市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。