タカネマツムシソウ

タカネマツムシソウ(スイカズラ科)[高嶺松虫草]

亜高山帯~高山帯の礫混じりの草地に生え、高さ20-30cmになる2年草または1年草。少しでも風があるとゆらゆら花が揺れるカメラマン泣かせの花。
従来の分類体系ではマツムシソウ科であったが、APG体系ではスイカズラ科に移された。別名ミヤママツムシソウという。
根は太く硬い。茎の上部に下向きの細毛が密生する。
根生葉は質が厚く長い柄があって多数つき、長さ10-20cm、幅3-6cmの倒卵状披針形~倒披針形で羽状に深~全裂する。頂裂片は倒卵形で大きく、基部に行くほど小さくなる。茎葉は対生し上部ほど細く小さい。
茎頂や葉腋から出た枝先に青紫色の花を1個つける。花は直径5cmほどで筒状花からなり、花色は濃く外側から咲いていく。中心部の小花は小さい筒状で5裂し筒部に軟毛が生える。外側の小花は2唇形で上唇は小さく2裂、下唇は大きく3裂し、筒部には軟毛が密生する。雌しべは1個。雄しべは4個が離生して花筒の中部につき花冠から突き出る。萼片は針状で長さ4-5mm。総苞は2列、線形で下半部に細毛が密生し開出する。
花が終わったものは茎がさらに伸びる。
果実は長さ3-4mmの紡錘形の痩果で刺状の萼片が残る。痩果が集まって半球形の坊主頭のようになる。
白花品種は、シロバナタカネマツムシソウという。
高原に咲く母種のマツムシソウは、丈は60-90cmと高く、花の色は淡青紫色、直径4cmほどと一回り小さく、萼片は短い。
関東地方の海岸にはソナレマツムシソウが生える。
花期:8-9月
分布:本(中部以北~東北南部)・四
撮影:2004.7.17 静岡市葵区

ソナレマツムシソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。