シャクジョウソウ

シャクジョウソウ(ツツジ科)[錫杖草]

名は草姿を修験者が持つ錫杖に見立てたもの。別名シャクジョウバナという。
山地の薄暗い林内に生える、葉緑素を持たない多年生の菌従属栄養植物で、全体が肉質で淡黄褐色を帯びて直立し高さ10-20cmになる。太い根茎から茎を出して株をつくる。
周りに何も生えていないところにニョキッと生えているので初めて見た人はぎょっとするようだ。ギンリョウソウより高いところに生えるといわれるが、必ずしもそうとは言えず平地の林内でも見かける。
茎には葉が退化した鱗片葉が互生する。鱗片葉は卵形で先がとがる。
茎頂の総状花序に花を下向きに4-10個つける。花冠は長さ1.2-1.5cmの筒状長鐘形で軟毛が多く、花弁は4個で厚く基部はやや膨らむ。萼片は4-5個あり、内側に細毛が生える。
花が終わると上を向き始め、実が熟すころに上を向く。
果実は長さ5-7mmmの広楕円形の蒴果で、微細で大量の種子を含む。
ギンリョウソウと姿が似ているが、1茎1花で色が白いので間違えることはないだろう。
ギンリョウソウモドキ(アキノギンリョウソウ)は、1茎1花で姿はギンリョウソウに似ているが、シャクジョウソウと同様、果実は蒴果で上を向く。
花期:6-8月
分布:北・本・四・九
撮影:1999.7.18 青森県南郷村

ギンリョウソウに戻る ギンリョウソウモドキに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。