シロヤシオ

シロヤシオ(ツツジ科)[白八汐・白八染]

山地の林内や岩場に生える落葉低木~小高木で、よく分枝して高さ3-6mになる。
老木の樹皮はマツのように網目状に割れることから、マツハダ(松膚)ともいう。葉が枝先に5個つくので、ゴヨウツツジ(五葉躑躅)の別名もある。
樹皮は灰黒褐色で、老木は網目状にはがれる。
葉は枝先に5個輪生状につき、長さ2-6cmの倒卵状楕円形~菱形状卵形で縁は全縁で紅色を帯び細毛が密生、基部はくさび形で先は鈍い。最大幅は中央より上。表面主脈上に短毛が密生する。裏面は主脈基部付近に初め白色の開出毛がありのちに無毛となる。葉柄は長さ1-3mmで軟毛がある。
葉の展開と同時に枝先に清楚な白花を1-3個つける。花冠は直径3-4cmの広い漏斗状で先は5中裂し、花冠の一部に緑色の斑点がある。雄しべは10個、花糸の下半分に白色の短毛がある。花柱と子房は無毛。子房は長卵形で花柱との境がくびれる。萼は盃形で5裂し、萼片は3角形~披針形。花柄にまばらに毛が生える。
果実は長さ1-1.5cmの扁円柱形の蒴果で無毛、細かい突起がある。
花期:5-6月
分布:本(岩手県以南の太平洋側)・四
撮影:2004.5.9 仙台市太白区
シロヤシオ-2


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。