シロバナオトメエンゴサク

シロバナオトメエンゴサク(ケシ科)[白花乙女延胡索]

オトメエンゴサクの品種で花冠の色が白いものをいう。めったにないというものではなく、青紫色のものと半々、混在して生えている。
湿り気のある林内、林縁に生える多年草で、地下の塊茎から茎を出し、高さ10-25cmになる。
葉は互生し、1-2回3出複葉。小葉の形は長楕円形、広線形など多様な変化がある。
茎頂の総状花序に白色の花を多数つける。花冠は筒状で、先は舌形、基部は距となる。
下の画像は花冠の縁に細かい鋸歯があるのがわかる。
花期:4-5月
分布:本(中部以北)
撮影:2013.4.21 青森市
シロバナオオトメエンゴサクの花(拡大)

オトメエンゴサクに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。