サワダツ

サワダツ(ニシキギ科)[沢立]

名の由来は、沢に立つ木ということだと思われるが不明。立つというよりむしろ横に垂れることが多い。枝が緑色なのでアオジクマユミの別名がある。
深山の谷沿いに生え、高さ1-1.5mになる落葉小低木。枝は青緑色で滑らか、4つの筋があるが断面はほぼ円形。冬芽は細長い。
葉は対生し葉柄は長さ2-5mm、質は薄く、長さ2-8cm、幅1-4cmの卵形~卵状披針形で縁に細かい鋭鋸歯がある。両面とも無毛で先は尾状に長くとがり、基部は円形~浅い心形。
葉腋から長さ2cmほどの柄を出して直径約8mmの暗紫色の花を1-3個つける。花はクロツリバナに似る。花弁は5個で円形、雄しべは5個。萼片は半円形で5個ある。
果実は直径1cmの球形の蒴果で5つに浅くくびれる。9-10月に紅色に熟し、5裂して橙赤色の仮種皮に包まれた種子をぶら下げる。種子は直径3-5mm。
ニシキギ科ニシキギ属はこのような実をつけるものが多く、慣れないと区別が難しい。
花期:6-7月
分布:本・四・九
撮影:1998.9.19 青森県十和田湖町

クロツリバナに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。