サワアザミ

サワアザミ(キク科)[沢薊]

沢沿いや川のそばに生えることからこの名がある。
川沿いや沢の近くに生える大型で軟質のアザミで、茎は短いクモ毛があり、上部でよく枝を分け高さ1-2m、ときに3mに達する大型の多年草。日本海側に偏った分布を示す。
最下部の葉は粉白を帯びた緑色で大きく、長さ50-60cm、幅30cmに達する広楕円形で羽状に浅~中裂し、裂片は4-6対で不揃いな鋸歯がある。葉は表面は短毛があってざらつくが、裏面は無毛。質は柔らかくて薄く、刺は鋭くない。
茎の先に直径5cmほどの大きな頭花を4-6個下向きにつける。頭花は両性と雌性の筒状花からなる。頭花の基部に頭花と同長かそれより長い4-6個の反り返った苞葉がある。総苞は粘らず、幅3.5-4.5cmの扁球形で総苞片は8-9列、外片は披針形で内片の半長、斜上してクモ毛があり先に刺はない。花冠は長さ1.8-2.2cmで先は5裂する。狭筒部は長さ1-2cmで広筒部より長い。
果実は長さ3-4mmの褐色の痩果。冠毛は白色で長さ1.6-1.9cm。
花期:9-10月
分布:北(南部)・本(福井県以北)
撮影:2005.11.3 岩手県久慈市
サワアザミ-2
茎は上部でよく分枝する。頭花の直下に4-6個の苞葉がある。


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。