サナギイチゴ

サナギイチゴ(バラ科)[猿投苺]

名は、愛知県の猿投山で採集されたことからサナゲイチゴとよばれたのが転訛したもの。絶滅危惧Ⅱ類(VU)であり、第4次レッドリストで新たに追加された。
山地の林縁や林内にややまれに生える落葉小低木で、枝はつる状に細く地をはって横に伸び、地に接するとそこから発根して殖える。刺はまばらで、初め軟毛があるがのちに無毛となる。
葉は互生し、長さ5-15cmの奇数羽状複葉で小葉は2-3対(5-7個)あり、側小葉は卵形~楕円形、頂小葉は長さ3-7cm、幅1-3cmの菱形状卵形で先は細長く伸び、ときに3裂するものがある。葉の形は変異があり、頂小葉が細く伸びないものも見られる。質は薄く、欠刻状の重鋸歯がある。裏面主脈と葉軸には小さな刺がある。托葉は長さ4-8mmの糸状。
短枝の先に直径2cmほどの白~淡紅色の花を1-3個横~斜め上向きにつける。花弁は倒卵状へら形で5個。萼片は先は鋭くとがり、外側に針状の刺と腺毛、内側に伏毛が密生する。
初夏に直径約1.2cmの赤く球形の集合果をつけ、のちに黒くなる。
花期:5-6月
分布:本・四・九
撮影:2005.5.29 岩手県山形村
サナギイチゴ-2
2013.5.19 岩手県二戸市

サナギイチゴ-3
萼片の外側に刺と腺毛が生える。葉は羽状複葉で小葉に重鋸歯がある。葉柄にもまばらに刺が生える。
2005.5.29 岩手県山形村


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。