ラショウモンカズラ

ラショウモンカズラ(シソ科)[羅生門蔓]

その優美な花姿とは裏腹に、名の由来は、花冠の形を京都の羅生門で渡辺綱が切り落とした鬼女の腕にたとえたものといわれるが、京都の唐橋羅城門町に多く咲いていたからついたという説もある。
山地のやや明るい湿った林内にまばらに生える多年草で、茎は4稜形で長毛がまばらにあり、高さ20-30cmになる。全体に独特のにおいがあり、花後、「かずら」の名のとおり長い走出枝を地上に伸ばして広がる。
葉は質が薄くて対生し、長さ2-5cm、幅2-3.5cmの3角状心形で先はとがり、基部は心形、縁に粗い鈍鋸歯がある。下部の葉は長さ2-4cmの葉柄があるが、上部の葉の葉柄はごく短く、茎を抱く形になる。
茎の上部の葉腋ごとに、日本産のシソ科としてはかなり大振りな、長さ4-5cmで淡紫色~紫色の唇形花を一方を向いてつける。上唇は短くて2裂し、下唇は3裂する。下唇の中央裂片は大きく、下方に反り返って2浅裂し、濃紫色の模様がある。喉部先端に開出する長い白毛がある。雄しべは4個で斜上して上唇の下側に並ぶ。4個のうち2個が長い。萼は約長さ1.3cmの筒形で15脈があって先は5浅裂し、まばらに開出毛が生え紫色を帯びる。
果実は4つの分果。分果は長さ約3mmの卵形でまばらに細毛がある。
花期:4-6月
分布:本・四・九
撮影:2004.5.9 仙台市太白区

2004.5.7 群馬県黒保根村


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。