オオヤマサギソウ

オオヤマサギソウ(ラン科)[大山鷺草]

山地帯~亜高山帯の樹林下、林縁に生え、高さ40-60cmになる多年草。茎に稜があるが翼はない。
葉は互生、茎の下部に大きい葉が普通2個つき、長さ10-20cm、幅4-7cmの長楕円形で鈍頭、基部はしだいに細くなり鞘となる。表面に光沢がある。上部の葉は小さく鱗片状。
茎の上部の長さ10-20cmの穂状の花序に淡緑白色の花を多数つける。苞は線状披針形で花より少し長い。唇弁は舌状で長さ5-7mm、後方に曲がり、距は長さ1.5-2.5cmと細長く、後ろに突き出る。背萼片は長さ3-3.5mmの狭卵形、側花弁、側萼片は長さ4-5mm、側萼片は鎌状に曲がり左右に開く。
本種はランとしては登山中に比較的目につく種であるが、オオバナオオヤマサギソウは、花が全体に大きい希少種で、絶滅危惧ⅠA類(CR)指定種。関東から九州までごく少数の株が点在しているに過ぎない。
名前の似たヤマサギソウは、下部の葉が1個だけ大きい。
花期:7-8月
分布:北・本・四・九
撮影:2004.8.1 岩手県葛巻町
オオヤマサギソウ2


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。