オオタカネバラ

オオタカネバラ(バラ科)[大高嶺薔薇]

名は、タカネバラに似て、花や葉が大きいことからついたもの。別名オオタカネイバラという。
山地の風穴の出口や亜高山帯の明るい林縁や岩場に生える落葉低木で、高さ1-2mになる。枝はよく分枝して太く、赤褐色を帯び、小枝に細い刺が多数生える。
葉は長さ6-17cmの奇数羽状複葉で、2-3対の小葉からなる。小葉は長さ3-7cmの卵状長楕円形で基部は広いくさび形、先はややとがり、縁に粗い鋸歯がある。質はやや厚く、表面は無毛で裏面は白っぽく脈上に伏毛がある。側小葉は下のものほど小さくなる。葉軸に腺毛と刺がある。托葉は幅がやや狭く全縁で腺毛があり、上部裂片はとがる。
枝先に直径4-5cmのハマナスに似た紅紫色の花を1個つける。花弁は5個。雄しべと雌しべは多数。萼片は5個あって長く、ときに葉状となる。花柄は長さ3-5cmで腺毛と刺がある。
花後に萼筒が肥大して肉質の偽果となる。偽果は長さ2-3cmの細い紡錘形で紅色に熟し、先に長い萼片が残る。中に多数の痩果を含む。
本州と四国に生えるタカネバラは、花は直径4-5cm。小葉は3-4対と多く、楕円形で鋭い鋸歯が目立つが先は円い。
花期:6-7月
分布:北・本(東北地方・中部地方の日本海側)
撮影:2011.6.5 秋田県大館市
オオタカネバラ-2

オオタカネバラ-3


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。