オオサワハコベ

オオサワハコベ(ナデシコ科)[大沢繁縷]

名は、サワハコベに似て、大きいことから。山林下の湿ったところに生える多年草で高さ10-30cmになる。
サワハコベの品種で、サワハコベよりも葉が大型になるが、明確な区別点は今ひとつ判然としない。
茎は太くて無毛、下部は地をはって節から発根し、上部は斜上して分枝する。
葉は対生し、3角状卵形で長さ4.5cm、幅3cmほどで、表面に伏毛があり先は鋭くとがる。
上部葉腋から花柄を出して直径1-1.5cmの白花を1個だけつける。花弁は5個で先は浅~中裂する。花弁の裂け方、幅は変異があるが、深裂はしない。
本州・四国・九州に生える母種のサワハコベは、葉が小型。
この2種を同一種として区別しない見解もあるが、YListは現段階では別種としている。
分布を「本州(北陸地方)」としているものがあるが、東北地方の日本海側では青森県まで普通に見られるし、少なくとも青森、秋田県の2県ではサワハコベは記録がなく(山形県以南については不案内)、全てオオサワハコベなので、分布は「本州(北陸~東北地方の日本海側」)とでもするべき。
同じような環境に生えるミヤマハコベは花弁が深裂するので一見10弁に見え、茎に2列の毛があることで区別する。
花期:5-7月
分布:本(北陸~東北地方の日本海側)
撮影:2005.6.25 秋田県大仙市
オオサワハコベの花弁の変異
花弁の裂け方、幅はさまざまだが、深裂はしない。
(上)2008.5.11 秋田県仙北市 (下)2008.5.17 青森市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。