オオバタチツボスミレ

オオバタチツボスミレ(スミレ科)[大葉立坪菫]

亜高山帯の湿地や深山の林下に生える全体無毛の多年草で、花茎は直立し高さ20-40cmになる。
北海道東部・北部では、海岸の草地や泥炭地にも生え、普通に見られるが、本州では数が少なく、高山などの湿地に隔離分布する。
タチツボスミレの名前がついているが、ツボスミレ(ニョイスミレ)に近いものであり、スミレの中ではもっとも花が大きい部類に属し、地上茎がある。
葉は根生葉と茎葉があり、茎葉は茎の上部に数個つき、脈が深く硬そうに見えるが質は軟らかい。円心形で長さ3-7cm、幅4-8cm、波状の鋸歯がある。托葉は披針形で大きく、全縁またはまばらな浅い鋸歯がある。
花は直径2.5-3cmで、花の色は淡紫色~紫紅色で全ての花弁に紫色の筋が入る。側弁の基部に白毛が密生し、距は太く、長さは3mmほどと短い。準絶滅危惧(NT)。
知床山系の高山に生え、従来オオバタチツボスミレの高山型変種と考えられていたタカネタチツボスミレは、側萼片の先がとがらないなどの違いがある。
花期:4-7月
分布:北・本(中部以北)
撮影:2002.5.26 青森県
オオバタチツボスミレ2
2003.5.25 青森県


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。