オオバタケシマラン

オオバタケシマラン(ユリ科)[大葉竹縞蘭]

山地帯~亜高山帯の湿った林下や沢筋に生え、高さ0.5-1mになる多年草。
茎は直立せず、途中で2-3回にわたって2分枝しながら弓状に曲がって伸びる。
葉は互生し、長さ6-12cm、幅3-6cmの卵形~卵状楕円形で、先は鋭くとがり、基部は茎を抱く。5-7脈があり、裏面は粉白色。
葉腋から直径1.2-1.3cmの目立たない緑白色で短い鐘形の花を1個ずつぶら下げる。花柄の途中に関節があり、そこでほぼ直角にねじれる。花被片は披針形で6個あって基部は紫褐色を帯び、先は外側に反り返る。
果実は直径0.8-1cmの楕円形の液果で、赤熟して垂れ下がる。
よく似たタケシマランは本州中北部に分布し、高さ20-50cmと小柄で、花柄はねじれず、葉身は3脈が目立つ。果実は球形。花のころはどちらも目立たず、見逃すことが多い植物だが、果期にはよく目に入る。そのときは果実の形で区別すればよい。
花期:6-8月
分布:北・本(中部以北)
撮影:1999.5.23 岩手県北上市

タケシマランに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。