オオバミゾホオズキ

オオバミゾホオズキ(ハエドクソウ科)[大葉溝酸漿]

ミゾホオズキに似て葉が大きいことからこの名がある。ミゾホオズキの名の由来は、花後に、萼片が果実をホオズキのように包むことからついたもの。
山地帯~亜高山帯に生える多年草で、登山道沿いの水場から流れ出る細流のほとりに群落になって生えているのをよく見かける。高山では7月から見られるが、奥入瀬渓流では5月初旬になれば咲き出す。
細長い地下茎を伸ばして殖え、茎は軟らかく、分枝しないで直立し高さ10-30cmになる。
葉は対生し、長さ2.5-6cmの長卵形で無柄、縁に刺状の鋭い鋸歯がある。縦に伸びる葉脈が目立つ。
花は上部の葉腋から伸びた1-3cmの花柄の先に1個だけつく。花冠は長さ幅とも2.5-3cmの筒状の唇形花で平開する。上唇2裂、下唇3裂し、鮮やかな黄色で下唇に赤褐色の斑点が入る。裂片は互いに離れる。萼は筒状で長さ0.8-1.3cm、5稜があり裂片は3角形、花後に伸びて果実(蒴果)を包む。
標高の低いところでは、全体に小さいミゾホオズキが生え、葉は有柄で、花冠裂片の隙間が狭く、全体に円い形となる。 葉も円い。北米原産のニシキミゾホオズキは高さが0.5-1mになり、花冠は長さ4cmになる。園芸用に栽培されているが、ときに野生化している。
ミゾホオズキ属は、旧分類体系ではゴマノハグサ科に含められていたが、APG体系ではハエドクソウ科とされた。
花期:5-8月
分布:北・本(中部以北の日本海側)
撮影:2015.5.8 青森県十和田市

ミゾホオズキに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。