オクモミジハグマ

オクモミジハグマ(キク科)[奥紅葉白熊]

モミジハグマの別変種で、深山の林縁や林下に生え、茎に長毛がまばらに生え、高さ40-80cmになる多年草。
茎の中部に長さ5-13cmの長い柄のある葉が仮輪状に4-7個つく。葉柄には軟毛が生える。葉はやや質が薄く、幅、長さとも6-12cmの腎円形または円心形、縁は掌状に浅~中裂し、裂片は先がとがり鋸歯がある。葉の両面にまばらに軟毛が生える。
茎の頂部の穂状の花序に、直径1.5-2cmの白色の頭花を横向きに多数つける。1つの頭花は3個の筒状花からなり、筒状花は花冠が5裂し、裂片はよじれたり、反り返る。3×5で、普通に見れば15個の花びらを持った花が咲いているように見える。総苞は長さ1.2-1.5cmの筒形で総苞片は膜質。
果実は長さ1cmほどの痩果で、長さ1mmの冠毛がある。
本種は葉の縁があまり裂けないが、関西以西、四国、九州に生えるモミジハグマは、葉がより深く裂けるので名のとおりモミジを連想させる。ハグマとは漢字で書くと「白熊」でヤクの尾の毛のことをいい、払子や槍などの飾りとして使ったもので、花の様子がそれに似ていることからついたもの。
ハグマの名がつく仲間の植物は、ほかにキッコウハグマ、ホソバハグマ、カシワバハグマ、エンシュウハグマ、クルマバハグマなど多数存在する。
花期:8-10月
分布:本・九(北部)
撮影:2006.9.24 秋田県大仙市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。