ネバリノギラン

ネバリノギラン(キンコウカ科)[粘り芒蘭]

名は、ノギランに似ていて、花穂が粘つくことからついたもの。
従来はユリ科に含められていたが、APGⅢ分類体系では、キンコウカ科とされた。
低山帯~亜高山帯の湿った草地に生え、高さ20-40cmになる多年草。蕾なのか咲いているのかよくわからない花をつける。地下に太く短い根茎があり横に伸びる。
葉はらせん状に互生するが節間が短く大部分は根生となり、長さ10-25cm、幅1-2cmの披針形~倒披針形で先がとがり帯褐黄緑色、先端がわずかに黄褐色を帯びる。質はやや厚く光沢があり、7-11脈がある。花茎は直立し節ごとに小さく狭い葉をつける。
茎頂に黄緑色~黄褐色の目立たない長さ6-8mmの倒卵状壺形の花を総状につける。花の基部に披針形の苞と短い柄がある。花の外側、花穂の上部は腺毛があり粘る。花被片は6個で先端を残して合着し、中央でややくびれ先はつぼまり小さく6裂する。子房は下部が花筒と合着して半下位。雄しべは6個で花筒につく。
果実は長さ4-6mmの楕円形の蒴果。熟すと上半部が裂開する。種子は長さ0.8-1mmの紡錘形で両端に尾はない。
別属だがよく似ているノギランは花被片が平開し花穂は粘らない。
花期:4-8月
分布:北・本(中部以北)・四(石鎚山・東赤石山)・九(九重山・阿蘇山)
撮影:2005.7.3 青森市
ネバリノギランの花
目立たない花。基部に披針形の苞がある。2009.7.26 秋田県鹿角市

ノギランに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。