ミヤマウイキョウ

ミヤマウイキョウ(セリ科)[深山茴香]

名は、薬用や香料として使われる茴香〈ウイキョウ=フェンネル〉に似て山にあることからついたが、ミヤマウイキョウには薬効も香りもなくウイキョウとは別属。別名イワウイキョウ・ヤマウイキョウ
亜高山帯~高山帯の乾いた礫地や岩場に生える無毛の多年草で、高さ10-40cmになる。東北地方では早池峰山だけに生える。
根生葉は1-4回3出複葉で、羽状に全裂し終裂片は幅1mm以下の狭線形で先は針状にとがる。茎葉は小さい。葉柄は長さ5-10cmで基部は鞘状に広がって茎を抱く。似たような花が多いセリ科の高山植物の中で、本種はその針状の葉の塊を見ればすぐにそれとわかる。
茎の先と上部の葉腋から複散形花序を出し、白い小さな花をつける。花は直径1.5-2mmの5弁花でしばしば淡紅色を帯びる。雄しべ5個で葯は暗紫色、花柱は2個。総苞片、小総苞片は線形で数個ずつつく。
果実は長さ4mmほどの長楕円形の分果で、5本の隆起した条がある。
似ているシラネニンジンは、本種と違い、複葉の裂片が針のようになることはない。
花期:7-9月
分布:北・本(中部以北)・四(剣山)
撮影:2000.7.30 山梨県韮崎市
ミヤマウイキョウ-2
2002.8.2 長野県大町市


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。