ミヤマツボスミレ

ミヤマツボスミレ(スミレ科)[深山坪菫]

ツボスミレの高山型。亜高山帯~高山帯の湿原や林縁の草地にも生える多年草で高さ5-10cmになる。地上茎は匍匐し途中から発根する。
葉は薄く円形となり、先がとがらない。表面に短毛がやや密に生える。托葉は線状披針形で全縁、ツボスミレより小さい。
花は直径1.5cmほどで淡紫色を帯び、側弁にわずかに毛がある。距は長さ2-3mm。
なお、花弁全体が淡紅紫色を帯び、唇弁が特に濃色のものをムラサキコマノツメというようだが、本種との明確な区別点はよくわからない。
花期:6-7月
分布:本(中部以北)
撮影:2006.6.25 秋田県由利本荘市
ミヤマツボスミレ2
2005.7.9 秋田県鹿角市

ツボスミレに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。