ミヤマトリカブト

ミヤマトリカブト(キンポウゲ科)[深山鳥兜]

月山から白山にかけての亜高山帯~高山帯の草原や林縁に生える多年草で高さ0.5-1.2mになる。茎の上部に屈毛がある。
茎葉は互生し、長さ6-15cm、幅5-18cmの円心形で3-5中~深裂し、裂片はさらに欠刻状に切れ込み、終裂片は幅3-6mmで先は鋭くとがる。両面脈上と葉柄に屈毛がある。
花序は散房状で1-8個の花がつく。花柄は長さ2-10cmで斜開し、線状披針形の苞があり、屈毛が密生する。花は青紫色で長さ2.5-4cm、花弁状の萼片は1個の上萼片、1対の側萼片、1対の下萼片からなり、外側に屈毛、内側に直毛を散生する。上萼片は円錐形で嘴部は長く伸びる。花弁はイの字形で上萼片の中に隠れる。雄しべは無毛、雌しべは3-5個あり普通無毛。
果実は袋果で、花柱は果時に残る。種子は多数で鱗片状の横ひだがある。

トリカブトの仲間は、個々の種類を区別することはきわめて難しい。地域的な変異が大きく、また交雑も起こりやすいのでいっそう同定を難しくしている。生えている地域である程度推察されるときもあるが、外側の青い花弁のように見える萼片を取り外して隠れている花弁を見てみなければならないことも多い。
花期:8-9月
分布:本(東北地方南部~中部地方)
撮影:1997.7.20 富山県大山町


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。