ミヤマクロユリ

ミヤマクロユリ(ユリ科)[深山黒百合]

名は、ユリに似て遠目に黒っぽく見えることからついたもの。
亜高山帯~高山帯の明るい草地に生え、高さ10-20cmになる多年草。両性花と雄花がつく株と雄花だけの株がある。花には悪臭がある。
鱗茎は直径1.5-3cmの球形で、多数の鱗片からなり、鱗片に関節がある。
根生葉はなく、茎葉はつやがあって長さ4-10cm、幅1-2.5cmの披針形~長楕円状披針形で、茎の上半部で3-5個ずつ2-3段に輪生する。
茎頂に直径2-3cmほどの鐘形、暗紫褐色~紫黒色で黄色の細かい斑点がある花を1-2個斜め下向きにつける。花被片は6個で長さ2.5-3cmの長楕円形で基部に腺体がある。雄しべは6個あり花被片の半長、花柱は基部から3裂し先は外側に曲がる。
果実は3稜がある倒卵形の蒴果で上向きにつく。
初めて山で見た人は感激するが、個体数が多く珍しいものではない。石川県の県花に指定されている。花色が特に黄色の強いものをキバナクロユリという。
ミヤマクロユリは2倍体なので結実するが、北海道の平地に生える基本種のエゾクロユリ(狭義のクロユリ)は3倍体で結実せず、より黒っぽい花を3-7個つけ、丈も50cmを超えるものもある。ミヤマクロユリとエゾクロユリを特に区別せずクロユリ(広義)として扱う見解もある。
「クロユリは恋の花」と言っても若い人にはわからないだろうが、ある年齢以上の人は、「ああ、あの歌ね」とピンとくる。「愛する人に捧げれば 二人はいつか結びつく」という1番の歌詞に魅せられて高山を目指した方々も多かったろう。そして憧れのクロユリとめぐりあい、2番の歌詞「花の香りがしみついて 結んだ二人は離れない」を思い出し、そっと鼻を近づけて匂いを嗅いでみると…。ぎょっとした人も多かったろう。それは匂いではなく臭い(悪臭)なのだから。2番の歌詞が「クサい仲」ということばを掛けたものであれば、なんと意味深長、深遠な歌詞だろうか…。考え過ぎか。
花期:6-8月
分布:北・本(中部以北)
撮影:1998.7.22 岐阜県上宝村


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。