ミヤマイワニガナ

ミヤマイワニガナ(キク科)[深山岩苦菜]

亜高山帯~高山帯の砂礫地に生える多年草で、高さ5-12cmになる。イワニガナの高山型。
根際から50cm以上になる細長い紫褐色の匐枝を出し、節から根を下ろし、さらに伸びていく。匐枝の葉は長さ1-1.5cmの小さな卵形。
根生葉は長さ2.5-5cm、幅0.5-1.5cmの卵状楕円形で長い柄がある。
頭花は直径1.5-2.5cmで舌状花は15個内外。総苞は長さ0.8-1cm。
果実は長さ4-6mmの痩果で冠毛は白色。
イワニガナも匐枝を出し、花もほぼ同形なので区別できないとする考え方もある。
花期:7-8月
分布:本(中部以北)
撮影:2006.8.5 青森市
ミヤマイワニガナ-2
向こう側は断崖絶壁。残念ながら正面から撮影できなかった。


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。