ミヤマイラクサ

ミヤマイラクサ(イラクサ科)[深山刺草]

深山の湿った沢沿いなどに生え、高さ0.4-1mになる雌雄同株の多年草。
東北(特に秋田県)の代表的な山菜の一つで、アイコとよばれて親しまれている。くせはなく、ほのかな甘みがある。
茎や葉に蟻酸を含む刺毛があって、素手で触るととても痛く、その後にかゆみに襲われる。
根は肥厚しない。葉は互生して長い柄があり、長さ8-20cm、幅5-15cmの円形~広卵形で縁に粗い鋸歯があり、先は尾状に伸びてとがる。質は薄く、鋸歯は基部のものは小さく、先に行くにしたがって大きくなる。托葉は披針形で長さ2mm。
雌花は茎の上部の葉腋から出る長さ20-30cmの花序に多数つく。雌花の花被片(萼片)は4個、花柱は1個で柱頭は線状。雄花は下部の葉腋から出る長さ5-10cmの花序に円錐状に多数つき白色。雄花の花被片(萼片)は4個または5個で雄しべも同数。
果実は長約1.8mmのゆがんだ楕円形の痩果。
茎の繊維が強いので、昔は織物の材料にした。
ムカゴイラクサは同属で葉は互生するが、鋸歯が鈍く同形で、葉腋にむかごができる。根は紡錘状に肥厚する。
イラクサは福島県以南に生え、葉は対生する。
花期:7-9月
分布:北・本・四・九
撮影:2003.8.31 岩手県一戸町
ミヤマイラクサ-2
2005.8.25 秋田県二ツ井町

ムカゴイラクサに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。