ミヤマアキノキリンソウ

ミヤマアキノキリンソウ(キク科)[深山秋の黄輪(麒麟)草]

亜高山帯~高山帯の礫混じりの草地に生える多年草で高さ15-50cmになる。低地に多いアキノキリンソウの高山型で別名コガネギクという。
根生葉は花時に残存するときがあり、ロゼット状で卵形~卵状披針形、長い葉柄がある。茎葉は互生し、下部の葉は短い葉柄があり、長さ7-10cm、幅1.5-4cmの長楕円状披針形で鋭鋸歯があり先がとがる。上部の葉は無柄またはほぼ無柄。
頭花は茎の上端や上部の枝先の花序に散房状に集まってつき、黄色で直径1.2-1.5cm。総苞は長さ6-7mm、直径0.8-1cmの広鐘形。総苞片は3列で外片は長さ2-3mmで卵状披針形、内片は長さ6-7mmで先がとがる。舌状花は2列で雌性、筒状花は両性となる。
果実は長さ3.5mm、幅0.7mmの円柱状の痩果で無毛またはわずかに毛がある。冠毛は長さ4-4.5mm。
アキノキリンソウは丈が30-80cmと高く、花序はややまばらで縦長、頭花は小さい。総苞は狭鐘形で直径5-6mm、総苞片は4列。移行帯にはどちらとも決めかねるものもある。
花期:7-9月
分布:北・本(中部以北)
撮影:2008.8.3 長野県白馬村
ミヤマアキノキリンソウ-2
2014.7.28 滋賀県米原市

アキノキリンソウに戻る


検索サイトからこのページへ直接お越しの場合は、 トップページへお回りいただきフレームを表示させてください。